TRAVEL HUB MIX : TRAVEL HUB MIXは、出会い(Meetup)と刺激(Inspiration)と体験(Experience)のある新しい旅(人生)の案内所です。

PROGRAMS

宝来館女将が語る震災当時の釜石とラグビーワールドカップ™後を見据えた未来の“村”づくり
2019.5.20.Mon18:30-20:00
終了しました地方創生東北防災
宝来館女将が語る震災当時の釜石とラグビーワールドカップ™後を見据えた未来の“村”づくり

今年の秋に行われるラグビーワールドカップ™の会場の一つである岩手県釜石市。先の東日本大震災では大きな被害を受けました。
被災した小学校、中学校の跡地に建てられた釜石鵜住居復興スタジアムは全試合会場の中で最も小さく、空と海と山に囲まれ最も自然に近いスタジアムです。
この度、釜石の復興の象徴でもあるスタジアムのすぐそばにある旅館『宝来館』の女将、岩﨑昭子さんをお招きし、講演会を開催する運びとなりました。
震災前から地域に根ざした活動してきた女将が、いま考える「持続可能な地域づくり」とは。ラグビーワールドカップ™誘致にも積極的に取り組まれた女将が考えるラグビーワールドカップ™後のまちづくり、スポーツやアート、防災を軸にした国内外の交流を生み出す未来の”村”づくりのお話です。

<開催概要>
■日時:2019年5月20日(月) 18:30〜20:00 (18:00開場)

■参加費: 無料

■内容:
18:30 パソナ・パソナ東北創生の東日本大震災被災地復興支援・地方創生の取り組み
18:45~19:30・岩手県釜石市 宝来館女将 岩崎昭子さん講演会
19:30~20:00・質疑応答

■話者プロフィール:
宝来館 女将 岩﨑 昭子氏
(一社)根浜Mind 代表理事

東日本大震災で壊滅的な被害にあった釜石市の根浜集落にある旅館 宝来館の女将。
震災で宿は浸水し、一時宿は営業休止を余儀なくされ、宿をやめることも考えたが、
宿がひとの情報をつくる、人の交流をつくる、地域をつくることに気づかされ宿の再開を決断。東日本大震災で宿が流されただけでなく、自らも波にのまれ、奇跡的に生き残った経験から震災を語り継ぐこと、集落全体での地域づくりを行うことを目指して、2016年に一般社団法人根浜MINDを設立。海浜植物であるハマボウフウの生育や集落を海から守る松林再生のプロジェクトなど、幅広く地域活動を行い、集落全体で人の行き来を生み出す活動を行っている。

■お申込み:下記フォームよりご入力くださいませ。
(一般用)
https://forms.gle/4sdYtc5t3L74jA6t6
(パソナグループ会社用)
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=6F9RhimK-km_ya9troqWI8Q5KRBXZX9HnhW1LxoQxc5UMTBFREo1SkRWOUkzOURRNzNMWVA3UU5CQi4u

■主催:株式会社パソナ東北創生
■お問合せ:info@pasonatohoku.co.jp(担当:戸塚)